最終更新:2010/7/30
[ ホーム | シェルサービス ]

ショートカット
[ phpMyAdmin | PostfixAdmin ]

2010/7/7
ストレージ部分をistgt-20100707にアップグレードしました。

2010/6/8
FreeBSD 7.3p1にアップグレードしました。合わせてports関係も最新になりました。
また稼働サーバをESXi4とistgt-20100606の組み合わせに変更しました。

過去の情報

ユーザレベルのサンプルとして、 PHPとMySQLによるブログソフトの WordPress ME 2.2.3 WordPress 2.9.2 をインストールしたものが 「環境さんぷる」 です。さらに XOOPS Cube Legacy 2.1.2 をインストールしたのが 「環境さんぷる2」 です。 SSL証明書は このSSLページ から確認してください。

主なサーバ環境は以下の通りです。 2009/12/4の時点でのインストール済み ports は pkg_info.txt をごらんください。PHPの情報は phpinfo をごらんください。 ハードが古いので処理が遅いですが。。。


FreeBSD 7.3p1 (随時更新, xorgなし, ZFS利用, IPv6有効)
RapidSSL証明書 (CN=shell.peach.ne.jp)
SSH (OS付属)
Postfix 2.4.14 (SMTP認証/TLS/SSL有効)
Dovecot 1.2.11 (TLS/SSL有効)
ClamAV 0.96.1/SpamAssassin 3.3.1 (Milter実装)
Proftpd 1.3.3 (Explicitモード有効)
Apache 2.2.15 (suEXEC有効/SSL利用可能)
MySQL 5.1.47 (UTF8標準)
PHP 5.3.2 (CGI/suEXEC環境下)
Perl 5.8.9

Bフレッツの工事・故障情報: 工事情報 故障情報

実験サービスの利用者を募集します。
提供期間及び料金など
2007/12/28〜2008/11/31(必要に応じて暦単位で延長)
実験サービス中は無料(ただし実費が発生した場合は別途請求)
提供アカウントなど
SSHログイン用1個(メールサービス兼用)
データベース用1個(MySQLデータベース3個)
PostfixAdmin用1個(500個までメールアドレス作成可能)
受入れ条件など
連絡可能なISP契約のメールアドレスを持っていること
SSHを利用できること(OS不問)
SSL接続可能なメーラーやブラウザを利用できること
サービスが利用できなかったり中断しても文句を言わないこと
IPv6の接続やホスティングに興味がある人歓迎
外部から自分のネットワークを見てみたい人歓迎
CGIの作成など自作できる人歓迎
ドメイン名やホスト名の持込は基本的に扱わないが、IPv6対応できる場合は相談
内外へ過度なトラヒックを流すような物は遮断もしくはプロセス停止
円滑な実験を妨げる行為はアカウント停止対象
サポート範囲など
自己解決を基本として、SSHによるログイン、データベースの接続を可能な情報までとします
クライアントの操作方法、サーバ内のアプリケーションの利用等に関してはサポートしません
実験サービス終了後の取り扱いなど
希望する者は有料にてアカウント名を正式サービスに引き継ぐ
データベース内容は可能であれば引き継ぐ(ただし保障はしない)
それ以外(UID/GID、ホーム、メール内容等)は引き継がない
希望しない者は正式サービス稼動後にデータ抹消
上記にかかわらず、正式サービスとして提供しない場合はデータ即時抹消
※上記提供条件などは必要に応じて修正します。
不明な点があればまずはご連絡ください。
個人対応なのでご返事が遅くなることがあります。予めご了承ください。

事業者情報
運営者 青山大介
届出番号 A-19-9557
問い合わせ info@peach.ne.jp